幼児安全法

こどもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

 ■ 支援員養成講習

受講資格:満15歳以上の者

受講人員:30名を標準とします

講習時間:12時間(開・閉講式、休憩時間等は含まれません)

講習内容:こどもに起こりやすい事故の予防と手当及びこどもの病気への対応

交付する証:全過程修了者に受講証

検定合格者に赤十字幼児安全法支援員認定証

日 程:「 令和2年度(2020年度)支部主催赤十字幼児安全法支援員養成講習会 日程表(2020.07.21) 」(PDF形式)

申込書:「 赤十字幼児安全法講習会 申込用紙 」(Word形式)

負担費用:1,800円(教材費、保険料等の実費)

  • 赤十字幼児安全法支援員認定証の有効期間が変わりました。
    2016(平成28)年4月1日から赤十字講習の認定証の有効期間が5年間に変更となりました。

 

■ 赤十字幼児安全法支援員資格継続研修

詳細はこちら

  資格継続研修は、平成30年度もって廃止となります。ご留意ください。

■ 短期講習

受講資格:制限はありません

受講人員:30名を標準とします

講習時間:2時間

講習内容:幼児安全法支援員養成講習の一部を選択

交付する証:交付しません

日 程:「 令和2年度(2020年度)支部主催赤十字幼児安全法短期講習会 日程表(2020.07.21) 」(PDF形式)

申込書:「 赤十字幼児安全法講習会 申込用紙 」(Word形式)

負担費用:講習内容に応じて決定します

※ 参考 小冊子53円、一方向弁付呼気吹込用具157円

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら