救急法

日常生活における事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

■ 救急法基礎講習

受講資格: 満15歳以上の者

受講人員:30名を標準とします。

講習時間:4時間(開・閉講式、休憩時間及び検定等は含まれません)

講習内容:傷病者の観察の仕方及び一次救命処置 (心肺蘇生,AEDを用いた除細動,気道異物除去)等

交付する証: 全過程修了者に受講証

検定合格者に赤十字救急法基礎講習修了者認定証

負担費用:1,500円(講習教本、一方向弁付呼気吹込用具2個、消耗品代、保険料)

日  程:『 令和2年度(2020年度)支部主催赤十字救急法講習会 日程表(2020.10.14) 』(PDF形式)

申 込 書 :『 赤十字救急法講習会 受講申込用紙 』(Word形式)

 

■ 救急員養成講習

受講資格:救急法基礎講習修了者

受講人員:30名を標準とします。

講習時間:10時間(開・閉講式、休憩時間、検定等は含まれません)

講習内容:急病の手当、けがの手当(止血法、包帯法、固定法)、搬送及び救護

交付する証: 全過程修了者に受講証

検定合格者に赤十字救急法救急員認定証

負担費用:1,700円(教材費、保険料等の実費)

日  程:『 令和2年度(2020年度)支部主催赤十字救急法講習会 日程表(2020.10.14) (PDF形式) 

申 込 書 :『  赤十字救急法講習会 受講申込用紙 (Word形式)

※赤十字救急法救急員認定証の有効期間が変わりました。
2016(平成28)年4月1日から赤十字講習の認定証の有効期間が5年間に変更となりました。

 

■ 赤十字救急法救急員資格継続研修

詳細はこちら⇒

  資格継続研修は、平成30年度をもって廃止となります。ご留意ください。

 

■ 3時間コース

受講資格:制限はありません

受講人員:30名を標準とします

講習時間:3時間

講習内容    Ⅰ:一次救命処置(心肺蘇生法、AEDを用いた除細動)が中心

講習内容   Ⅱ:けが、きずの手当(止血、三角巾を用いた包帯)が中心

交付する証:受講証

負担費用 :Ⅰ:206円(小冊子、一方向弁付呼気吹込用具)

負担費用 :Ⅱ:52円(小冊子)

※ 費用は内容に応じて変わります

 

■ 短期講習

受講資格:制限はありません

受講人員:30名を標準とします

講習時間:2時間

講習内容:救急法基礎講習及び救急法救急員養成講習の一部を選択

交付する証:交付しません

負担費用:講習内容に応じて決定します

※ 参考 小冊子52円、一方向弁付呼気吹込用具154円

 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら