白馬村温泉施設で寄付の呼びかけ~たくさんの温かいお気持ちをいただきました!~

白馬村内8つの日帰り入浴施設でつくる白馬村温泉施設連絡協議会から、日赤活動資金にご寄付をいただきました。

これは、「コロナ禍でも観光客が来てくれるのは、尽力してくれている存在があるから」という思いから、感染予防や差別・偏見防止への取り組みのほか、災害救護活動を支援するため、各入浴施設が利用者に寄付の呼びかけを行ったものです。

また、同会では、200円以上の寄付をしてくださった方に対して、白馬村キャラクター ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世がデザインされた特製温泉タオルをプレゼント。

同会 掛谷会長は、「感謝の思いを持つだけではなく、自分たちにできることをしようと思った。集まった寄付が、笑顔あふれる社会のための一助になれば嬉しい。」と話してくれました。

入浴施設窓口で協力の呼びかけ

掛谷会長(左から2番目)から寄付金の贈呈を受けました

 

 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら