dERU(国内型緊急対応ユニット)について

日本赤十字社が大規模地震被害想定地域に、計画的かつ重点的に配備しており、仮設診療所設備とそれらを運ぶトラック ・ コンテナと医師 ・ 看護師などの医療スタッフの総称です。コンテナには大型エアーテント、抗生物質などの医薬品、診察台、簡易ベッドなどの資機材が積載されており、1日150人程度の傷病者(軽症・中等症程度)に対し、3日間の治療が可能となっています。

p01.jpg p2.jpg
dERU(国内型緊急対応ユニット) コンテナには仮設診療所設備が積載されている
p03.jpg p04.jpg
dERU(国内型緊急対応ユニット)のコンテナを設置 抗生物質など医薬品を積載
p05.jpg
コンテナには、エアーテント、医療品、診察台、簡易ベットなどの資機材が積載

 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら