「赤十字幻燈」のレプリカと展示用ライトパネルを寄贈いただきました


「赤十字幻燈」のレプリカと展示用ライトパネルを寄贈いただきました

 


 日本赤十字社長野県支部
創立120周年を記念して、当資料館所蔵の「赤十字幻燈」のレプリカを飯田市の堀口美鈴様より、展示用ライトパネルを長野市の三上文子様より、それぞれ寄贈いただきました。

 「赤十字幻燈」は、
明治23年末、当時、日本赤十字社の常議員で陸軍軍医総監であった石黒忠悳(いしぐろただのり:後の4代社長)が、赤十字の考え方を全国に広めるために使
用したもので、42枚一組(第4版)が 完全な状態で保存されているのは、当資料館所蔵のものだけです。


 この大変貴重な「赤十字幻燈」を後世に残すため、原版は大切に保管した上で、資料館を訪れた皆様には、幻燈版をより美しくご覧いただける、展示用ライトパネルでレプリカを展示しております。

 是非、ご来館いただき赤十字の歴史と理念に触れていただけたらと思います。

 皆様の御来館をお待ちしております。


ライトパネルにより「赤十字幻燈」のレプリカを展示①


ライトパネルにより「赤十字幻燈」のレプリカを展示②


石黒忠悳(いしぐろただのり:第4代日本赤十字社長)


アンリー・デュナン

 

 

~ ご利用案内
 ~

 ○開館時間 平日午前時 ~ 午後5時 ( ※
事前に、予約をお願いします。)

 ○入館無料

 

  長野県赤十字歴史資料館

    〒 380-0836 長野市南県町1074 日本赤十字社長野県支部

    TEL 026-226-2073  FAX 026-223-4181

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら