「お天気教室2017」に赤十字ブースを出展しました

7月29日、長野地方気象台が主催する「お天気教室2017」に日赤ブースを出展し、この催しに参加した小学生とその家族など約120人に赤十字事業や災害救護活動の説明と救急法講習を行いました。

このイベントは、大雨・台風、地震などの自然現象や防災・減災に関して、実験や体験を通じて子供たちに楽しく学んでもらうことを目的に毎年開催されており、長野県支部は、自然災害から身を守る方法や災害などで怪我をした際の止血の仕方などを参加者に説明しました。

救急法講習では、親子でお互いに手当しあうなど、家族で楽しく参加していただきました。

支部職員による局地的大雨から身を守る方法の説明

直接圧迫止血の仕方を学ぶ子供たち

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら