医療救護班(主事)・特殊奉仕団合同研修会を実施

1月28日(土)長野県支部において、医療救護班主事と特殊奉仕団による合同研修会を実施し、県内の医療施設職員及び赤十字救護隊、柔道整復師会奉仕団員60人が参加しました。

この研修は、医療救護班で庶務的な役割全般を担う主事と、災害時にはボランティアで救護活動をサポートする特殊奉仕団員が、災害時に互いに協力し連携のとれた活動ができるよう、平成26年度から合同で実施しています。

研修では、長野地方気象台職員による地震発生のメカニズム等に関する講義や、支部による医療救護班及び特殊奉仕団の役割についての講義を行うとともに、実働訓練として大型テント(ドラッシュテント)を参加者全員で設営し、災害時に必要となる知識・技術の研鑽と協働のための顔の見える関係作りに努めました。

熱心に受講する医療救護班主事と特殊奉仕団員

長野地方気象台職員による地震に関する講義の様子

協力してドラッシュテントの設営方法を確認

展開したドラッシュテント内の広さに驚く参加者

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら