赤十字奉仕団長野県支部委員会を開催

4月20日、長野県支部において赤十字奉仕団長野県支部委員会を開催しました。
委員会では、平成29年度の事業報告及び平成30年度の事業計画、常任委員改選等について審議され、常任委員として
(敬称略)
副委員長 北川原ちか子(千曲市赤十字奉仕団委員長)
が選任されました。
また、「行政における救護活動と赤十字ボランティアに期待する役割」について、飯田市危機管理室 次長補佐兼防災係長 後藤武志 氏から講演をいただいたほか、「地域における活動計画企画(赤十字の見える化)」と題して、これまでの活動を振り返りながら今後の活動計画についてグループワークを行いました。
6月下旬から県内6会場で行われる赤十字奉仕団幹部研修会においても統一テーマとして、研修をしていくこととしています。

県支部 清水事務局長挨拶

 

県支部委員会 和田委員長挨拶

 

          県支部委員会 正副委員長(常任委員)紹介

                 左から (敬称略)

副委員長 依田賢一(佐久市赤十字奉仕団委員長)

副委員長 福島朝雄(長野県赤十字救護奉仕団委員長)

委  員  長 和田充子(長野市赤十字奉仕団委員長)

副委員長 岡田敏子(松本市赤十字奉仕団委員長)

副委員長 島田美知子(千曲市赤十字奉仕団委員長)

 

県支部委員会 島田 前 副委員長に感謝状贈呈

 

県支部委員会 北川原副委員長に委嘱書交付

 

飯田市危機管理室 次長補佐兼防災係長 後藤武志 氏による講演の様子

 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら