長野びんずる「楽しいBOSAI」に赤十字ブースを出展しました

8月5日、長野市で開催された長野びんずる祭りのイベント「楽しいBOSAI」に赤十字ブースを出展し、災害救援車両dERU(国内型緊急対応ユニット)を展示したほか、救急法の体験コーナーや子供救護服の撮影コーナーを設置しました。

このイベントは、いろいろな体験を通じて、子供達に防災・減災について学んでもらうことを目的に、長野びんずる祭りの子供向けイベントとして、昨年度から開催されています。

暑い中、大勢の家族連れが赤十字ブースを訪れ、親子で熱心に救急法に取り組んだり、救護服に着替えて記念撮影を行うなど、終日楽しんで参加していただきました。

参加した子供達からは「これからも救急法を勉強してみたい」「かっこいい救護服を着ることが出来て嬉しい」などの声が聞かれました。

汗を流して懸命に胸骨圧迫を行う参加者

救護服に着替えて親子で記念撮影

子供に対する救急法を熱心に学ぶ親子

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら