長野・諏訪赤十字看護専門学校で入学式を挙行

長野と諏訪の赤十字看護専門学校において、5日(諏訪)、6日(長野)に入学式を執り行い、82名(長野40名、諏訪42名)の入学生が、看護の道への第一歩を踏み出しました。

実習服姿の上級生や保護者らに迎えられた新入生には、不安と緊張の中にも、これからの学校生活への希望と赤十字看護師を目指す意気込みが感じられました。

看護の道を目指す誓いを新たに、今後3年間、学校や病院において、看護の専門知識や技術とともに赤十字の人道・精神を学んでいきます。

梶川新学校長の式辞(諏訪)

吉岡学校長の式辞(長野)

清水新事務局長の祝辞

入学生 宣誓(諏訪)

新入生 挨拶(長野)

期待を胸に緊張の面持ちの新入生(長野)

希望と不安を胸にする入学生(諏訪)

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら