長野市赤十字奉仕団が日赤活動資金を寄託

7月19日、長野市赤十字奉仕団(和田充子委員長)から、日赤活動資金の寄託がありました。

この活動資金は、同団83名が12~13日、東日本大震災の被災地「福島県」へ研修に訪れた際、和田委員長が「未だ被災地では、困難な生活を余儀されている。今回の九州北部豪雨災害においても、被災者は大変厳しい状況におかれている。そんな中、日赤は発災直後から救援物資を配布したり、被災者に寄り添いながら懸命な救護活動をされている。いつどこで起こるかわからない災害に備えるためにも、団として志をお渡ししたい。」と参加者に呼びかけ、募集いただいたものです。

奉仕団の皆さまの温かいお気持ちに感謝いたします。ありがとうございました。

 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら