長野赤十字看護専門学校 学生募集停止のお知らせ

 長野赤十字看護専門学校 学生募集停止について
 

 このたび、長野赤十字看護専門学校は、平成31年度入学生の受け入れをもって学生募集を停止いたします。

 長野赤十字看護専門学校は、明治32年日本赤十字社長野支部救護看護婦養成所落成から、今年で120年を迎えました。現在は、昭和58年に長野赤十字病院の移転新築に合わせ、病院敷地内に併設されています。卒業生は、3,587名となり、時代のニーズに対応して、国内外の災害や保健活動に活躍できる看護師を養成してまいりました。

 国が「看護基礎教育のあり方として大学化が望ましい」とする中、日本赤十字社の看護基礎教育再構築の検討結果を受け、大学化(キャンパス化を含む)を踏まえて専門学校のあり方について検討を重ねてきました。そのような状況において、長野市内の2大学に看護学部の開設が決定しました。この開設により、本校の学生確保が困難になると判断したため、平成31年度入学生をもって学生募集を停止することとしました。

 長野赤十字看護専門学校は閉校となりますが、最後まで赤十字の精神「人道・博愛」を伝え実践すべく、学生を支援していく所存です。なお、2019年度(平成31年度)入学生の在学期間は、2019年4月から2022年3月までとなります。

 長きにわたり、長野赤十字看護専門学校の教育活動にご理解ご支援賜りました皆様方には厚く御礼申し上げます。

                                       平成31年1月4日

                                          日本赤十字社長野県支部
                                           支部長  阿部 守一
 
                                          長野赤十字看護専門学校
                                           学校長  吉岡 二郎
 

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら