駒ヶ根市赤十字奉仕団 災害を考える集い「希望とふれ愛事業」に参加

11月26日、駒ヶ根市赤十字奉仕団は、体の不自由な人たちを対象に大規模災害を想定した避難所での生活なとについて考える集い「希望とふれ愛事業」に参加し、地域住民とともに障がい者への理解を深めました。

奉仕団による非常包装食袋(ハイゼックス)を使ったご飯と豚汁の炊き出しでは、立って食べたことがない障がい児の対応を考えたり、仮設の避難所では共に体を横たえたりしながら、災害時における問題点について考えました。

また、健康生活支援講習講師から、毛布と風呂敷を使って全身を寒さから守るガウンの着付け方を教わりました。

今後も、災害時における問題点を地域全体で考え、災害弱者といわれる障がい者や高齢者等も交えた防災訓練などに取り組んでほしいと願っています。

受付では、ハートラちゃんがお出迎え

非常包装食(ハイゼックス)とアルファー米の説明をする奉仕団員

炊き出しを試食する参加者の皆さん

講習会には、ハートラちゃん、アルクマ、こまかっぱも参加

長野日報

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら