第25回長野県赤十字救急法大会を開催

報道機関 各位
令和元年6月13日


*ワールド・ファースト・エイド・デー
第25回長野県赤十字救急法大会を開催
~ 一般市民が“いのちを救う”知識と技術を活かす ~


 「平成30年版 救急・救助の現況(消防庁発表)」によると、救急自動車による現場到着所要時間は、全国平均で8.6 分であり、延伸傾向にある。と報告されています。そのような現状に対して、一般市民の中には、赤十字の講習を受講し、心肺蘇生やAEDを用いた救命手当とケガ等の応急手当の方法を学び救命率の向上を図ろうとしている方々がいます。
 今般、このような方々が講習で学んだ“いのちを救う”知識や技術を披露し、また、再確認する機会として、標記の大会を開催します。
 ついては、さらに多くの県民に一般市民による“いのちを救う”活動の輪が広がるよう、開催の周知と大会当日の取材について、ご協力をお願いします。

○ 日 時:令和元年9月14日(土) 10時~15時まで
○ 場 所:安曇野市穂高会館(安曇野市穂高5047番地)
○ 種 目:(1) 三角巾リレー
       三角巾を使用し、3人1チームとしたリレー形式で手当します。
      (2) 総合演習
       日常生活で起こりうる事故の場面を設定し、
       手当などに必要となる知識や技術をフル活用して救護活動に臨みます。



*ワールド・ファースト・エイド・デー
 世界中の人に「ファースト・エイド」(救急法)を知ってもらおうと、国際赤十字・赤新月社連盟は毎年9月の第2土曜日(今年は9月14日)を「ワールド・ファースト・エイド・デー」(世界救急法の日)と定め、救急法等普及活動を行っています。今回もワールド・ファースト・エイド・デーにあわせ開催します。

■ 大会事務局 ■
日本赤十字社長野県支部 事業推進課 (課長)山﨑慎哉 (担当)山本望
TEL:026-219-2563(直通) FAX:026-223-4181 E-mail:kousyu@nagano.jrc.or.jp

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら