講習に参加したい


日本赤十字社では、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命にもとづき、「救急法」「水上安全法」「雪上安全法」「幼児安全法」及び「健康生活支援講習」の5種類の講習を行っています。

→ 講習の種類・内容
人命を救う方法や健康で安全に暮らすための知識と技術を伝えるため、日本赤十字社は5つの講習を行っています。

→ 救急法などの資格の継続について
救急員等の資格を取得して2年以上3年未満の方については、4時間の資格継続研修を受講していただくことにより、資格の有効期限をさらに5年間延長することができます。
なお、平成31年3月31日をもって、継続研修は廃止させていただきます。

また、この研修を受講された方には、人工呼吸を行う際に使用する「救急員等資格継続者」のロゴ入りケースに入った感染防止具を頒布しています。(料金は受講料に含まれています。ただし、健康生活支援講習は除きます)

日本赤十字社では、赤十字救急法などの講習を実施していますが、特に重要な「心肺蘇生」と「AED」を学べる動画を作成しています。
これから赤十字救急法等講習会を受講される方や講習会を受講され改めて確認される方、ぜひご覧ください。
→ 「一時救命処置(BLS) ー心肺蘇生法とAEDー」のVTR
一次救命処置バナー(BLS動画トップ画像)②中

→ 赤十字 WEB CROSS 電子講習室
赤十字 WEB CROSS 電子講習室
赤十字WEB CROSS電子講習室では、皆さんに救急法等の知識を深めて頂くため、
検定形式とクイズ形式でポイントを解説しています。

講習受講者の方もはじめての方も、どうぞご活用ください。

→ 救急法等の講習Q&A

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら

■わたしたちは日本赤十字社の活動を支援しています 一覧はこちら